臓器移植に関して、臓器を提供してもいいという本人の意思の確認が必要であったが、いつのまにか家族の同意だけでも臓器を提供することが可能になっていたようだ。それが次の記事だ。

1 : バランス考えろ(神奈川県):2010/08/22(日) 21:50:07.66 ID:cUsmb+So0● ?PLT(12073) ポイント特典
 
日本臓器移植ネットワーク(移植ネット)は22日、東海地方の病院に入院中の50歳代の女性が、
改正臓器移植法に基づいて脳死と判定され、臓器提供が行われる、と発表した。
7月17日の改正法の本格施行以降、提供の意思を書面で残していなかった人
家族の承諾だけで脳死と判定され、臓器が提供されるのは3例目。

女性は生前、口頭でも意思を示していなかったという。

移植ネットによると、今月19日に主治医が家族に、病状が深刻であることを伝え、
あわせて臓器提供についても説明。21日に家族が詳しい説明を希望したため、
病院から連絡を受けた移植ネットがコーディネーターを派遣した。
同日午後4時40分、家族は書面で臓器提供を承諾した。
家族は「だれかの役に立てたい。体の一部が生きていてくれたらうれしい」と話したという。

移植ネットは、健康保険証の記載や移植ネットのシステムに登録していないことから、
女性は提供を拒む意思を示していなかったと確認したとしている。
家族は女性と臓器提供について話したことがなかったという。

1回目の脳死判定は同日夜、2回目は22日午前5時40分過ぎに終わり、死亡が確定した。
家族は心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓(すいぞう)、小腸、眼球の提供を承諾した。
心臓は東北大病院で30歳代女性に、両方の肺は同病院で20歳代女性に、
肝臓は大阪大病院で60歳代男性に、腎臓は藤田保健衛生大病院で40歳代女性に、
膵臓と腎臓が名古屋第二赤十字病院で30歳代女性に、それぞれ提供される。小腸は該当者がいなかった。

以下ソース
http://www.asahi.com/national/update/0822/TKY201008220081.html


という、なかなか怖い内容だ。これを受けて2ちゃんねるでは次のようなコメントが大勢を占めた。




8 : タピオカ(千葉県):2010/08/22(日) 21:53:26.14 ID:EapneGQX0
なんかもう積極的に拒否しない限り臓器持ってかれることになるんだな
ドナーカードに「親族以外は拒否します」って書いとくか


13 : H&K PSG-1(福島県):2010/08/22(日) 21:54:52.02 ID:vsjxHGiU0
脳死判定でそうな患者には
いろんな人間があつまって来そうだよな
まさにハゲタカ




続きを読む